iPhoneのバッテリーって、なんで膨張するの?

  • 2016年5月27日 18:59



今週末、あまりお天気は優れないようですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか^^?

こんにちは!

ドクタープロ烏丸店スタッフです♪



今週はiPhoneのバッテリーについてすこし紐解いてみようと思います!



IMG_2800.JPG


まずiPhoneのバッテリーといえば膨張することで有名ですよね(・∀・)

いくつか原因は考えられますが充電器を挿したまま、ゲームや動画などを使うのが一番直結しやすいと考えられます。

リチウムイオンバッテリーは充電時内部にガスが発生しますが、それを分解するための電解液が内部に備えられています。

しかし、充電しながら使用することで電解液の分解が追いつかずにバッテリー内部に残ってしまい膨張に繋がるという訳なんですね(`・ω・´)ゞ

やむをえない場合もしばしばあるかもしれませんが、充電しながらのご使用はお薦めできません。






IMG_2801.JPG



どのiPhoneにも言えることですが、バッテリーが占領しているスペースが広いですね...w

実はバッテリーが占領しているスペースが広いのはiPhoneに限らず、iPadやiPod、MacBookなどもそうなのです^^;


『バッテリー交換というと開けて積み替えるだけやろ?』と、思われるかもしれませんが...

そのとおりなんです(`・ω・´)ゞ笑



ただ、やはり扱い方がガサツだったりするとバッテリー自体が発火したりする可能性も十分にある危険なものでも
あります。








IMG_2802.JPG



コネクターをはずして、バッテリーをフレームに固定しているのは粘着テープになりますので、温めてからゆっくりフレームからとり外します^^

この時に無理にコネたりしてしまうと発火したりする恐れがありますね。

膨張したバッテリーだったりすると非常に危険な作業となりますので、くれぐれも自己分解などはされませんようにお気をつけ下さい(`・ω・´)ゞ









IMG_2804.JPG

こうしてみてみると半分近くをバッテリーが占領しているのが解りますね。

MacBookやiPadの場合は半分以上がバッテリーに占領されています(`・ω・´)ゞwww



話は戻りますが、スマートドクターでは自社でPSEマークを取得している安心で安全なバッテリーをお客様にご提供させて頂いています。

インターネット上ではコピーバッテリーや粗悪な物も格安で売られていますがそれが原因で大切なiPhoneがトラブルに陥ったというケースもあります。

『最近ヘリが早いな...』

『パーセンテージの表記がいきなり減ったり増えたりする』

『まだ残量はかなりあったのに突然電源が落ちてしまった』

などの症状が見られる場合はバッテリーの劣化が原因であることがおおいのでお気軽にご相談ください。







IMG_2806.JPG

一見簡単そうに見えてしまうバッテリー交換。

たまたま何事も無く作業が完了している方もなかにはいます...。



発火や破裂などの事故を引き起こす可能性もあるバッテリー。

御自身の端末も大切ですが、それ以上の大事故にも繋がり兼ねませんことを再度認識していただければ幸いです。


スマートドクタープロ烏丸店では各機種、世代、バッテリーのご用意はございますが中には品薄のものもあります。

iPadのバッテリーなどは事前にお問い合わせいただけるとありがたいです^^





それでは皆様、楽しい週末をお過ごしください♪


-----------------------------------------------------------
ISO9001:2008 認証取得済
Pマーク取得済み 20002042(01)
SmartDoctor Pro. 京都烏丸店
総務大臣 登録修理業者
電波法:R000002
電気通信事業法:T000002
住所 京都府京都市下京区月鉾町39-1四条烏丸大西ビル904
電話 0120-822-433
URL http://www.iphone-kyoto.biz
-----------------------------------------------------------








全国発送対応

▲ PAGETOP