iPhoneのデリケートな一面。ちょっとの雨で・・・


だって携帯でしょ?そりゃ雨の日も外で使うじゃん。

ってなわけで、こんにちはスマートドクター京都烏丸店です。

このところ雨の日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

雨の日が続くと、iPhoneの故障のご相談もある特定の故障に関して特に増えてくるんです。

そう、iPhoneの水没故障ですね。

IMG_3381.JPG


















こちらが、今回ご依頼頂いたiPhone6。

数日前の雨の日、ずっと外で電話をしていたらしくその時にiPhoneを濡らしてしまったとのこと。

そこからなんだか液晶の表示が変になり、ちらつきやにじみが・・・

いったい中はどうなっているのでしょう?さっそくチェックしてみます。

いざ分解。

IMG_3382.JPG


















がばっとフロントパネルを持ち上げてみましたが、皆さんおわかりいただけたでしょうか?

ところどころに水滴がありますね。

いったいiPhoneのどこにそんな隙間が??と思うかも知れませんが、あなたが思っている以上に水濡れに関してはシビアなところがあります。

もちろん、防水加工とまではいきませんが、ある程度の濡れには耐えられる性能を持ち合わせているiPhoneでも、やはり完璧ではありません。

例えば、いままでに何回も落としてしまってフレーム部分に傷や凹みなどがあったりする場合、隙間などから湿気や水分が入り込みやすくなります。

「画面がちょっと濡れちゃったけど、タオルで拭いとけば大丈夫だよね。」その油断とは裏腹に、中ではこんな事が・・・

IMG_3383.JPG


















これは先ほどのiPhone6のフロントパネルを取り外し、液晶やタッチセンサーのコネクター部分を撮影したものです。

真ん中らへん、緑色の薄いカビのようなものが広がっているのが見えますね。

これは隙間から入り込んだ水滴がiPhone内を通っている電気と接触し、化学反応で腐食してしまっているんです。

このように基板部分へダメージがあるため、水に濡れてしまうとタッチ操作ができなくなったり・液晶の表示がおかしくなったりという症状がおこるんですね。

タオルやドライヤーでささっとiPhoneの表面だけ乾燥させただけでは、ここまで入り込んだ内部の水分は完全に乾ききりません。

よくある「乾燥剤をたくさん入れたジップロックや米びつに入れて放置しておくといいよ〜。」というアドバイスも、1日2日では効果はほとんどないんです。

しっかりと内部のサビや腐食の除去、クリーニングをおこなってはじめて綺麗に復活します。


スマートドクターの修理は画面やガラス割れだけじゃありません!

水没による故障やバッテリー交換、スピーカーやイヤホンジャックの故障などなど様々な修理に即日対応しております。

内部の点検やクリーニングのみでも承っておりますので、まずは気軽にいつでもご相談下さい♪

とくに水没や水濡れ故障の場合は、濡れてしまってから修理にお持ち頂くまでが短い方が復旧確率も上がりますよ(^_-)-☆

スマートドクター京都烏丸店
京都市下京区月鉾町39-1 四条烏丸大西ビル9F
TEL: 0120-822-433 (11〜21時)



全国発送対応

▲ PAGETOP