iPhone5を水没させたらバッテリーが膨張...?!


0724-r1.jpgこんにちは、ドクター烏丸店・イマジョウです。


「iPhone5を水没させた後、二ヶ月放置しました」
↑今回のご相談はこれ!
iPhone5を水没させた後すぐに電源が入らなくなり、お忙しくてそのまま放置しておられたのだそうです。

なるほど、確かに電源が入らない・・・ん?!
よく見ると写真の通り、画面がポコッと浮いてしまっていました。
これはあれですよ、あれがああなっていそうな気配が濃厚です。




0724-r2.jpg
「画面が不自然に浮いてきた」「バックパネルが膨らんできた」=バッテリー膨張かも?!
早速分解し、内部を確認させて頂きました。
やっぱり!若干ではありますが、バッテリーが膨らんでしまっています。
こうなってしまうと、さすがに正常に起動しない事がほとんどです。

バッテリーの膨張は、水濡れが原因で発生する事も多いですが、普通にお使い頂いている中でも起こる場合があります。
経年劣化が原因だったりもしますので、「え、私の扱い方が悪かった?!」などと悩む必要はありません。

とりあえず、「画面が不自然に浮いてきた」「バックパネルがポコッと膨らんできた」などの異変に気づかれた場合は、すぐにスマートドクターまでお持ちくださいね!


iPhoneを水没させた時は、「なるはや」でスマートドクターまで!
故障しているのがバッテリーやその他のパーツだけなら、当店ですぐに交換できるのですが・・・
iPhoneを水没させてしまった場合、基板にもダメージが生じやすいんです。
精密機械なので水に浸してしまう事自体宜しくないですし、その上放置時間が長いと、あちこち錆びついて取り返しのつかない事にもなりかねません。

ちなみに今回は、基板の洗浄作業(※前述の「錆びつき」を取り除く作業です)やパーツ交換などを一通り行ったのですが・・・残念ながら起動すらしない状態で、復旧不可となりました。
やはり、水没から二ヶ月が経過しているせいで、内部の錆びつきが深刻な状態でした。
iPhoneを水没させてしまった時は、なるべくお早めにスマートドクターまでお持ち下さいね。

目安としては、なるべく水没の当日~翌日・ご無理な場合でも三日以内にはお持ち頂けると、復旧率が上がるかと思います。
早ければ早いほど良いです。よろしくお願いします!





全国発送対応

▲ PAGETOP