iPhone4Sの電源スイッチが押せない時の修理。


0125-s1.jpgこんにちは、ドクター京都店・イマジョウです。

今回ご来店下さったのは、京都・北区からお越しの女性のお客様です。

iPhone4Sの電源スイッチ(スリープボタン)がめり込んでしまい、押せない...とのこと。

この症状でお困りの方、本当に多いんです!

内部パーツの経年劣化が原因ですので、交換ですぐに元通りになりますよ。


ちなみに、写真一枚目が電源スイッチ(スリープボタン)の内部パーツです。

ケーブル状になっており、左上の丸い金色の部分が、ボタンとしてカチカチッと動作します。

この金色の部分が、毎日電源スイッチ(スリープボタン)を押すうちに少しずつ劣化していくんですね。

劣化するとボタンの高さが無くなったり、真ん中の黒い「ポチッと部分(?)」がポロッと取れてしまったりします。

もう少し耐久性の高いパーツを開発して欲しいところですが・・・iPhone4Sの構造上、多少は仕方ありませんね。

スマートドクターでは、このケーブルパーツを新しいものに交換修理させて頂きます!



0125-s2.jpg修理後は、カチカチッとした気持ち良い押し心地が戻ってきますよ!

iPhone4Sのスリープボタン修理は、料金6,800円・お時間30分ほどで承っております。

ご予約無しでもすぐに対応させて頂きますので、まずはお気軽にご来店くださいね!


この度はご来店頂きまして、本当にありがとうございました!






全国発送対応

▲ PAGETOP