電源ボタンがへこんで押せない!iPhone4のスリープボタン修理です。

0527-1.jpg

京都・木津川からお越しの女性のお客様です、

iPhone4のスリープボタンが、突然押せなくなってしまった・・・との事でご来店下さいました。

実はこの症状、iPhone4をお使いの方に非常に多い症状なんです!


「そうなんだ!一体何が原因なの?!」と思われたそこのあなた!

是非是非続きを読んでやってくださいねw




0527-2.jpg

連日すみません、iPhone4の内部写真ですw

今回原因となっているスリープボタンのケーブルは、写真に写っている主だったパーツを一通り外した先に隠れています。


何故スリープボタンのケーブルがこういう形で故障してしまうのか?主な原因は、単なる経年劣化ですね。

写真一枚目のケーブルが、今回交換させて頂いたものなんですが・・・左上の金色の小さい円状のもので、スリープボタンをポチポチさせる仕組みになっています。

実際に、パーツのこの部分を爪で押すと、ちゃんとポチポチっと反応するんですよ!(触ってみたいという方、是非店頭へどうぞw)

この部分が、毎日何度も何度も上から押されることにより、だんだん劣化して高さがなくなってくる・・・と、今回のような故障が起こってしまいます。


こればっかりは防ぎようがありませんので(だって、押さない訳にもいきませんよね?w)、「ん?なんか感触がおかしいぞ?」と思われたら、お早めに当店までお持ちくださいね。

完全に陥没してしまうと、全く押せなくなってしまい不便ですし、iPhoneがフリーズした際に再起動が出来ず、特定のアプリが開けないなどのバグが生じることもあるんですよー!

(このバグは、スリープボタンを修理し再起動すれば、すぐに解消できることがほとんどですのでご安心くださいね。)



0527-3.jpg

修理後。スリープボタンが再びサクサク押せるようになったiPhone4と、壊れたパーツの2ショットです。

iPhone4のスリープボタン修理は、料金7,500円・お時間30分ほどで承っております。

同じ症状でお悩みの方、きっと沢山おられると思いますので・・・お気軽にご相談くださいね!


この度はご来店、本当にありがとうございました!






全国発送対応

▲ PAGETOP